2010年03月17日

<正倉院>修理工期延長へ(毎日新聞)

 宮内庁は16日、11年度以降に着工する国宝・正倉院(奈良市)の大規模修理で、屋根の木組み部分の補強工事をすると発表した。軒先が最大約30センチ垂れ下がっており、補強が不可欠と判断した。これに伴い、2年程度としていた工期も3年以上に延長する方針。

【関連ニュース】
愛子さま:宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題
愛子さま:「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官
愛子さま:4時限目だけ登校 宮内庁、両陛下に事情説明へ
愛子さま:宮内庁の野村東宮大夫の会見での一問一答
愛子さま:宮内庁の野村一成・東宮大夫の会見要旨

<雑記帳>アルコール分完全ゼロのワイン風味飲料 山梨(毎日新聞)
気候変動報告書に捏造疑惑 信頼回復が急務(産経新聞)
見直し迫られる外交文書公開=外務省に根強い消極論−密約(時事通信)
西山・元記者ら参考人招致、「密約」問題で(読売新聞)
電子足輪も効果なし、性犯罪防止に有効策はあるか(中)
posted by カジタ ヤスヒコ at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。